読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喝日記

https://twitter.com/real_harry_info

『リアルハリー情報(長文バージョン)(for vol.449)(2014.12.07)』

※「vol.449」では、ハリーのコーナーの「リアルハリー情報」はお休みでした。

今週のリアルハリー情報です(2014.12.07)。

●目次
・宏、ゲストの鈴木明子さんに冒頭から失礼な発言3連発。
・宏、フリップに書いてある得点を年齢だと勘違いし、スタジオ大爆笑。
・ハリー、ブレ発言。宏は中西にいじめられる。
・ハリー、ナイスプレーに対して失礼な発言。中西は「焦らし(じらし)あっぱれ」を発動。
・ハリー、安定の海外嫌いっぷりを披露。
・宏の「喝油(かつあぶら)」に対してハリーは「喝点火(かつてんか)」を発動。
・女子フィギュアスケートの話ではハリーは終始無言。
・女子スキージャンプの話でもハリーは終始無言。
・柔道のニュースではハリー上機嫌。
・男子バドミントンのニュースでは史上最年少勝利記録にあっぱれ出さず。
・ハリー、先週のゲストの山本昌に強引に金品を要求。
 また、ゲストの明子が山本昌のファンではないと正直に告白。
・ハリー、マウンテンバイクの大会の様子を見て「これ…何がおもしろいの?」と失礼な発言。
 また、ゲストの明子が「喝誘惑」を発動。
・ハリー、男子ゴルフで決めつけた発言を行う。
・宏、フリップを落としたり喝のときにあっぱれのシールは貼ろうとしたりとミス連発。


今週のゲストは、今年の3月に引退した女子フィギュアスケート鈴木明子(すずき あきこ)さんでした。


■宏、ゲストの鈴木明子さんに冒頭から失礼な発言3連発。

コーナー冒頭、司会の関口宏さんが、
宏「さて、今週の助っ人は、女性・鈴木明子さんでございます」
と、肩書きを「女性」として紹介するという大変失礼なことをしていました。
さらに、ゲストの鈴木明子さんの過去のVTRで、13回目の出場で悲願の初優勝を果たしたという大会で、
演技直後のまだ点数が出てない時点ですでに嬉し泣きをしていた明子の映像が流れた際に、宏は、
宏「ちょっと早く喜び過ぎでしょうと僕なんかは思ったんですけどね」
と、ここでも失礼な発言をしていました。かっぱえびせんばりに「やめられない止まらない」状態の宏は、
さらに、
宏「フィギュアスケートの選手って、失敗したとき演技終了後にすぐにがっかりした顔するんだよね。
  あれって採点に響かないのかね?」
と、さらに失礼な発言をしていました。これに対して明子は、
明子「やっぱり自分が一番出来が分かっているので、すぐ顔に出ちゃうんですよね」
と答えていました。

失礼な発言があったとはいえ、一応話が盛り上がっている宏と明子に対して、
ハリーはコーナー冒頭から終始無言を貫いていましたが、
御意見番としての意地があったのか、ゲストの明子の優勝したときのVTRが流れた後、ハリーは、
ハリー「音楽も良かったんじゃないの? 音楽なんか合ってるような気がしましたね」
と、適当なコメントをし、フィギュアスケートについて何も分かっておらず話についていけないくせに、
無理やり話についていこうという姿勢を見せていました。

また、宏がゲストの明子に対して、
宏「この番組はご覧になったことはありますか?」
と質問すると、明子は、
明子「あります。何度かあっぱれを入れていただいて、ありがとうございました(笑)」
と答え、宏が、
宏「あっぱれを入れたはずでございます!」
と答え、和やかな雰囲気になったシーンもありました。


■宏、フリップに書いてある得点を年齢だと勘違いし、スタジオ大爆笑。

今週はフィギュアスケートの話題から始まりましたが、滑り込みでギリギリ6位に入賞した本郷選手の話題で、
宏が、この選手はどういう選手なのかゲストの明子に質問し、明子が、
明子「今、急成長中の選手です!」
と答えると、宏は、グランプリ・ファイナル進出者の一覧が載っているフリップの、
本郷選手の獲得ポイントである「22」の数字が書いてあるところを指差し、
宏「まだまだ伸びますか! 22才ですがまだまだこれからですかね?」
と発言し、ゲストの明子が言いづらそうに、
明子「あ、これ、年齢じゃなくて得点です(笑)」
と指摘し、宏が、
宏「あ、得点か! 年齢じゃないのか! そうか、確かにここに「高校3年生」って書いてありますね!
  これは失礼しました!」
と答え、スタジオが大爆笑となったシーンもありました。


■ハリー、ブレ発言。宏は中西にいじめられる。

Jリーグのニュースでは、史上最大の勝ち点差である14点差を逆転して優勝した
ガンバ大阪のニュースについて、
逆転負けを喫した浦和レッズに対して、ハリーは、
ハリー「浦和はどうでしょう、後半勝負弱いような気がしてしょうがなかったんだけどね」
と、いかにも「自分は浦和レッズが優勝できないと思っていた」と思わせる発言をしていましたが、
僕のこれまでのリアルハリー情報の記録によると、2週間前のサンモニでハリーは、
ハリー「優勝するのは浦和レッズで決まりでしょうね」
と発言しており、御意見番のくせに2週間前とは真逆な発言をしており、
ハリーのブレブレな発言に失望しました。

また、サッカー解説者の中西さんが、黒板を使って浦和レッズガンバ大阪
これまでの勝ち点の推移について解説していましたが、
中西が黒板に「浦和レッズ 29」と書いたときに宏が、
宏「浦和レッズの横に書いた「29」は何の数字?」
と質問すると、中西は、
中西「勝ち点です。年齢じゃないです」
と答え、冒頭のフィギュアスケートのニュースで宏が本郷選手の22ptの「22」を年齢の22才と
間違えた失態をネタにして早速いじっていました。
これに対しては宏はふてくされながら
宏「分かったよ…」
と答えていました。

この中西による「宏いじり」に動揺した宏は、進行を間違えて、中西が代わりに進行して
次のVTRを紹介するというシーンもありました。
宏は相当ダメージを受けていた様子でした。


■ハリー、ナイスプレーに対して失礼な発言。中西は「焦らし(じらし)あっぱれ」を発動。

Jリーグモンテディオ山形のGKである山岸選手が、Jリーグでは初となる、
GKによるゴールをヘディングで決めたというニュースに対してハリーは、中西に、
ハリー「中西くん、これは技術なのか偶然なのか、どっちだと思う?」
と「あのプレーはまぐれだ」とでも言いたそうな失礼な質問をしていました。
これに対して中西は数秒沈黙していましたが、怒りを抑えて、
中西「…ちゃんと準備していたからゴールできたんだと思います」
と、大人な発言をしていました。また、中西は、
中西「山形にあっぱれあげたいけど今日はあげません。今日もまだ大事な試合がありますから」
と、焦らして(じらして)あっぱれを出し惜しみするという「焦らし(じらし)あっぱれ」を
発動していました。


■ハリー、安定の海外嫌いっぷりを披露。

サッカー日本代表のアギーレ新監督の八百長疑惑の件では、
VTR終了直後、ハリーが身体を揺らし、口も半開きで、喝を入れる準備満々でしたが、宏は、
宏「さぁ、どう考えますか中西さん?」
と、ハリーではなく中西に質問をしていました。宏に話を振られた中西は、
中西「八百長してたかどうかなんて僕には分からないですよ。本人にしか分かんないでしょ。
    見守るしかないと思いますよ」
と、そんなの分かるわけないじゃないかと内心投げやりな様子で答えていました。
すると、先ほど話したくてうずうずしていたハリーが、
宏に話を振られていないにも関わらず勝手にしゃべり出し、
ハリー「だけどこういう疑惑が出ること自体がおかしいよ!
    サッカー協会が身辺検査はしてるとは思いますけどね、
    こういう話が出ること自体が問題なんですよ!」
    だから私はいつも思うんですよ、日本の監督をね、なぜ雇わないのか!
    探せばいくらでもいるのに!」
と、ハリーはサッカーの話でも相変わらず海外嫌いを主張していました。
宏も同じことを思っていたらしく、ハリーが興味のないサッカーに食い付いたと思ったら突然海外批判を
始めたことに対して宏は、
宏「そこに持っていきますか…」
と呆れ顔で言っていました。


■宏の「喝油(かつあぶら)」に対してハリーは「喝点火(かつてんか)」を発動。

アメリカでプレイしていた松坂と中島がそれぞれ日本に戻ってくるというニュースに対してハリーは、
ハリー「松坂は難しいと思いますけどね。
    肘を手術したでしょ、ちょっと太り気味でしょ、お金はたくさん貯まってるでしょ、
    家族を置いて単身赴任でしょ。心配事が多いんだ。だから日本での活躍は難しいと思いますよ!」
と、松坂にはとても厳しい発言でしたが、
ハリー「中島はまだ32歳ですから。再生すればまだまだ十二分にトップクラスの選手になると思いますよ」
と、中島のようにメジャーで通用せず日本でがんばろうとしている選手には甘い発言をしており、
ハリーからの喝を待っていた宏は物足りないと感じたのか、宏が、
宏「彼はアメリカで活躍できなかったんですよね」
と、さり気ない「喝誘惑」を発動するも、ハリーは、
ハリー「そうです。1試合も出てないから。野手は難しいよ」
とだけ答え、宏の「喝期待」をスルーして喝を出しませんでした。

一方で中島とは反対にメジャーを目指している阪神の鳥谷については、
ハリー「鳥谷はメジャー行くのやめたほうがいいよ!」
と、中島のときとは反対に厳しい発言をすると、宏も、
宏「阪神にいたほうがいいんじゃないですかねー」
と、火に油を注ぐようにハリーに喝を出させようとする「喝油(かつあぶら)」を注ぐと、ハリーは、
ハリー「そりゃもう絶対と言っていいほどメジャーに行くべきではないですよ!!」
と、宏の「喝油(かつあぶら)」に点火するという「喝点火(かつてんか)」を発動していました。

また、ハリーの暴走っぷりに、ゲストの明子がキョトンとしていたため、宏が、
宏「こういう話は分かんないでしょ?」
と話すと、明子は、
明子「はい!」
と、正直に即答していました。
僕は毎週欠かさずサンモニを観ており、ハリーと宏のひねくれた発言ばかり聞いてるので、
この正直な明子の発言を聞いて少し癒されました。


■女子フィギュアスケートの話ではハリーは終始無言。

女子フィギュアスケートの話では、ようやくゲストの明子が元気よく解説をし始めていましたが、
先ほどのプロ野球のときとは一転して、ハリーは終始無言を貫いていました。


■女子スキージャンプの話でもハリーは終始無言。

女子スキージャンプのニュースでは、高梨沙羅選手が開幕戦でいきなり3位入賞を果たしたニュースに対して、
ハリーは、
ハリー「まだ本調子じゃないね」
とだけ話し、相変わらず、1位じゃないニュースには何も興味がない様子を見せていました。


■柔道のニュースではハリー上機嫌。

柔道のニュースでは、ハリーは優勝した選手全員にあっぱれを出しており、
日本の国技で、かつ1位を獲っているためか終始上機嫌なハリーでした。


■男子バドミントンのニュースでは史上最年少勝利記録にあっぱれ出さず。

男子バドミントンのニュースでは、史上最年少の13歳で勝利を記録した選手の話題ではハリーは、
ハリー「すごいねぇ、身体柔らかいんだねぇ」
と驚いた様子でしたが、2回戦で敗退したこともあってか、あっぱれは出ませんでした。


■ハリー、先週のゲストの山本昌に強引に金品を要求。
また、ゲストの明子が山本昌のファンではないと正直に告白。

コーナー途中で突然「山本昌、圧勝!」と書かれたフリップが出ていました。
「この時期はもうプロ野球はやってないし趣味のラジコンの大会か何かで山本昌が優勝でもしたのかな?」
と思いながら観ていましたが、先週ゲストの山本昌が、競馬のジャパンカップで、
優勝する馬はエピファネイアだと予想していたらその通りになったということで「山本昌、圧勝!」という
フリップを出していたという半分詐欺みたいなニュースの紹介を行っていました。
ニュースの最後に宏が、
宏「これが「山本昌、圧勝!」ということですね!」
と締めると、スタジオは失笑に包まれていました。
また、ハリーは、
ハリー「山本は競馬の1位当てたんだ。儲かったんだね。これ今日観てると言ってましたから。
    よし、じゃあ俺になんか送ってくれよ!」
と、山本昌に対して強引に金品を要求していました。

また、宏がゲストの明子に向かって、
宏「名古屋出身でしたっけ? 山本昌さんは知っていますか?」
と質問し、明子が、
明子「もちろんです!」
と答えていましたが、続けて宏が、
宏「じゃあ山本昌さんのファンですか?」
と質問すると、明子は数秒の沈黙の後、
明子「…ドラゴンズのファンです(笑)」
と、「私は山本昌のファンではない!」ということを正直に話していました。


■ハリー、マウンテンバイクの大会の様子を見て「これ…何がおもしろいの?」と失礼な発言。
 また、ゲストの明子が「喝誘惑」を発動。

マウンテンバイクの大会で、高低差100mの危険なレースにおいて、
自転車がぶつかり合う映像が流れていましたが、
VTR終了直後にハリーは、先週ボロクソに批判したビーチスポーツと同じように、今週も、
ハリー「これ…何がおもしろいの?」
と、マウンテンバイクの大会を根本的に批判し始めました。
この様子を見ていた中西やゲストの明子が大爆笑していましたが、
特に唐橋ユミさんはしばらく笑いを堪えられなかったほどツボにハマっていたご様子でした。見かねた宏が、
宏「いやいや、マウンテンバイクのレースおもしろいじゃないですか!」
とフォローしていましたが、ハリーは、
ハリー「冒険する人が多いんだねぇ。お尻は痛いし。
    あれって階段が400段ぐらいあるんでしょ? 何がおもしろいのかねぇ」
と、批判が止まらず、宏が、
宏「でも…あれっていろんな防備してから走ってますからね」
とフォローするも、ハリーは、
ハリー「防備してるといってもねぇ、一つ間違えたら大変ですよあれ」
と、最後まで理解を示すことはありませんでした。

これに対してゲストの明子も、
明子「観てるお客さんたちのところにも自転車が突っ込みそうですよね。ケガが多そうな…」
と、ゲストの明子さえもさり気ない「喝誘惑」を発動していました。これに対して宏が、明子に対して、
宏「やってみたいと思いました?」
と質問すると、
明子「思いませんでした。怖がりなので」
と、答え、宏が、
宏「でもジャンプだって怖いでしょ?」
と質問するも、明子は、
明子「でも私たちは自力で飛び上がっているので」
と答え、ハリーだけでなくゲストの明子もマウンテンバイクの大会に対しては
理解できないといった様子でした。

また、明子もフィギュアスケートで青あざだらけだということを告白し、
スカートなどを履くといろんなところの青あざが見えてしまうので、そういう服はなかなか着れないと、
スケート選手としてのつらい一面も見せていました。


■ハリー、男子ゴルフで決めつけた発言を行う。

男子ゴルフのニュースでは、賞金王争いの話題になりましたが、ハリーは、
ハリー「賞金王は小田孔明で決まりでしょう」
と、決めつけた発言をしていました。また、サッカーの話をしていないのに途中で
中西が勝手に口出しするシーンも見られました。


■宏、フリップを落としたり喝のときにあっぱれのシールは貼ろうとしたりとミス連発。

女子ゴルフのニュースでは、現在の賞金王争いについて宏がフリップで説明していましたが、
今週はコーナー冒頭から中西に嫌味を言われたりするなど不調な宏は、
途中でフリップを落とすという一幕があり、
ゲストの明子が気を遣ってフリップをめくって進行を続けてくれたシーンがあり、これには宏も、
宏「気を遣っていただいてありがとうございます」
とお礼を言ってゲストの明子に感謝していました。

女子ゴルフの賞金王争いに日本人がおらず、韓国や台湾の選手ばかりという現状に対してハリーが、
ハリー「日本の女子選手に激励の喝を入れてください!」
と、喝を出していましたが、ここでも宏は間違えて「あっぱれ」のシールを貼ろうとしたりしており、
今週の宏はミスが続出していました。

また、宏が、ゲストの明子に、
宏「どうですか、女性でこれだけ稼いでる選手がいますけど…うらやましい?」
と、意地悪な質問をしていましたが、明子は苦笑しながら、
明子「…でもみなさんそれだけ大変なスポーツをされているので…」
と、大人の対応をしていました。

以上、今週のリアルハリー情報でした。