読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喝日記

https://twitter.com/real_harry_info

リアルハリー情報(全文)(for vol.459)(2015.02.15)

今週のリアルハリー情報です(2015.02.15)。

【目次】
・ゲストがスケートの選手でも、スケートのニュースには気を遣うことなくあっぱれなし。
・ゲストの「不意打ち喝」に対してハリーは「便乗喝」を発動。
・ハリー、ゲストからの「お色気あっぱれ誘惑」に屈し、ついにあっぱれを出す。
・ハリー、大谷選手の二刀流について、ゴルフに例えるなど意味不明な解釈を行い、根本的に批判。
・ハリー、先週とは一転、プロ野球の変わった練習方法に対してまさかの喝なし。
・新・決めセリフ「今度2~3発入れたらあっぱれあげますよ」が誕生。
・ハリー、芸人並みの人騙しテクニックをサッカー選手に強要。

今週のゲストは、元スピードスケート選手の
98年長野大会・銅メダリストの岡崎朋美(おかざきともみ)さんでした。

■ゲストがスケートの選手でも、スケートのニュースには気を遣うことなくあっぱれなし。

女子スピードスケートの話題で、小平(こだいら)選手が逆転勝利で銅メダルを獲得したニュースでは、
小平選手の粘りの勝利に対して宏が、
宏「あっぱれ?」
と、「雑あっぱれ誘惑」を発動し、ゲストの岡崎があっぱれを出したにも関わらず、ハリーは、
ハリー「私は1位じゃないとあげないから。厳しいから」
と、頑固な様子であっぱれを出していませんでしたが、以前の放送で2位や3位の選手にあっぱれを
出したことも多々あり、相変わらずハリーの基準がよく分かりませんでした。

チームパシュート(スピードスケートの団体戦)では、日本は女子史上初の優勝を果たしましたが、ハリーは、
ハリー「オランダに勝てるとは思いませんでしたよ。よかった!」
と、今回の対戦相手はアメリカではありませんでしたが、外国のチームに勝ったことについて特に嬉しそうでした。

上記の通り、スケートの話で良いニュースが2つもありましたが、ゲストがスケートの岡崎だったにも
関わらず、お世辞によるあっぱれ(いわゆる「お世辞あっぱれ」)などはありませんでした。

■ゲストの「不意打ち喝」に対してハリーは「便乗喝」を発動。

男子スケート陣のふがいない成績について、ゲストの岡崎が、
岡崎「女子に比べて男子の成績がさっぱりなので喝です!」
と、突然、喝を出すという「不意打ち喝」を発動すると、ハリーは、
ハリー「激励の喝だ!」
と、岡崎に便乗して自分も喝を出すという「便乗喝」を発動していました。

■ハリー、ゲストからの「お色気あっぱれ誘惑」に屈し、ついにあっぱれを出す。

「過激系スピードスケート」の一種である「クラッシュド・アイス」のニュースでは、ハリーは、
ハリー「楽しいんだねぇ…あんな危ないのにねぇ…。ちょっと喝入れてください!」
と、危険系スポーツでは今まで苦言コメントを発するのみでしたが、今回初めて喝を入れていました。
続けてハリーは、
ハリー「スピードスケートの格闘技みたいなもんだよ!
    押してもいい、カチ上げてもいい? これはやめてもらいたいわねぇ。
    スポーツといってもね、これはケンカといっしょだ!
    こういう危険なことは日本人はやらないと思いますよ!」
と、相変わらずの「東洋人にはこんな危険なスポーツは似合わない」という持論を展開していました。

また、興奮した選手が意味なく上にジャンプした映像を観た際にハリーは、
ハリー「あれはね、ジャンプじゃなくて、他の選手を蹴ろうとしてますから」
とイチャモンを付け始め、宏が、
宏「ゴールが真ん前だから、もう負けられないから飛んじゃったのでは?」
とフォローするも、ハリーは、
ハリー「そういう、いい加減な解釈しないでください」
と、宏の解説を「いい加減な解釈」呼ばわりしていました。

しかし、このハリーの暴走にも負けず、ゲストの岡崎は、
岡崎「えー? でも私、初めて観たんですけど、意外におもしろいなぁと思いましたよ。
   あっぱれが良いです。あっぱれあげてくださいよ~(ハートマーク)」
と、可愛らしくハリーに対してあっぱれをおねだりするという「お色気あっぱれ誘惑」を発動すると、
ハリーは、
ハリー「あっぱれあげてくださいよ」
と、一転してあっぱれを出していました。

■ハリー、大谷選手の二刀流について、ゴルフに例えるなど意味不明な解釈を行い、根本的に批判。

プロ野球のキャンプの話題では、日ハムの大谷選手が紅白戦で、投げては155km/h、
打っては逆方向へのホームランと活躍したニュースについて、ハリーは開口一番、
ハリー「大谷は今年が正念場でしょう。5年したらダメになりますよ。
    今のままではどっちつかずになるから。
と、大谷選手が結果を出しているにも関わらず、ハリーは相変わらず、二刀流を批判。また、
ハリー「今回、私キャンプに行きますから、大谷本人に二刀流をやめるように言おうと思ってるんですよ」
と、余計なお世話を実行することを予告していました。日本のプロ野球のためにも、ハリーにはおとなしく
余計なことはしないでほしいと心底思いました。また、ハリーは、
ハリー「大谷の去年の「10勝・10本」は、ゴルフでいえば予選ギリギリ通過の数字だから」
と、意味不明な解釈をして、最後まで大谷選手の二刀流を批判していました。
ベーブ・ルース以来となる「10勝・10本」という快挙にも関わらず、プロ野球のOBがボロクソにここまで
批判するなんて、この日の放送を観ていて、ものすごく腹が立ちました。

■ハリー、先週とは一転、プロ野球の変わった練習方法に対してまさかの喝なし。

先週の放送で、プロ野球のキャンプで取り入れられていた変わった練習方法について、
ハリーが「意味がない!」と批判していましたが(「タイヤをひっくり返す練習」と「ホームベース上に
置いたボールに向かってボールを投げ当てる練習」)、今週も変わった練習方法が紹介されており、
サンモニスタッフからの渾身のハリーに対する「喝誘惑映像」が流れていましたが、
広島カープの内野のノックで、「スライディングしてくるランナー」に見立てた大きなボールを
2塁ベースに向かって転がし、それに負けずに打球を処理する練習についてハリーは、
ハリー「これは良いと思いますよ!」
と、まさかの絶賛。これには宏はガッカリし、
宏「次こそは怒られるかな?」
と、中日で行われていたタイヤ引きの練習を紹介し、宏が、
宏「これがどう野球と関係あるんですかねぇ…?」
と、「喝誘惑映像」に合わせてさり気なく「喝誘惑」を重ねて発動するという「喝誘惑コンボ」が
発動するも、ハリーは、
ハリー「これも良いですよ!」
と、宏やサンモニスタッフの「喝期待」を裏切り、まさかのスルー。
この日はおそらく番組終了後に宏とスタッフの間で反省会が行われていたことでしょう。

■新・決めセリフ「今度2~3発入れたらあっぱれあげますよ」が誕生。

海外サッカーの話題では、ドイツ・ブンデスリーガで酒井選手が初ゴールを決めたニュースで、宏から、
宏「あっぱれ?」
と、「雑あっぱれ誘惑」が発動されるも、ハリーは、
ハリー「たまたま入れたようなもんだから。今度2~3発入れたらあっぱれあげますよ」
と、適当なコメントに留まりあっぱれを出さず、これまでハリーの天敵である川崎に対して発言していた、
「打率が3割超えたらあっぱれあげますよ」に続く新たなフレーズ、
「今度2~3発入れたらあっぱれあげますよ」が誕生しました。

■ハリー、芸人並みの人騙しテクニックをサッカー選手に強要。

海外サッカーのイングランド・プレミアリーグで、ヘディングに失敗したこぼれ球を手で触れて、
そのまま手で押し込みゴールしてしまった選手にイエローカードが出たニュースについてハリーは、
ハリー「よく見ていたアンパイアにあっぱれだ!
    もしアンパイアが気付かなかったら選手にあっぱれやろうと思ったけどね(笑)。
    今はサッカー選手も芸人みたいにならないといけないんですよ。
    アンパイアをごまかすようなプレーも必要なんですよ、プロでは」
と、芸人並みの人騙しテクニックをサッカー選手に強要していました。

以上、今週のリアルハリー情報でした。