読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喝日記

https://twitter.com/real_harry_info

リアルハリー情報(長文バージョン)(for vol.456)(2015.01.25)

※青文字の部分は、配信内で採用された部分です。

今週のリアルハリー情報です(2015.01.25)。

※補足
・「長文バージョン」:すべてのレポート。細かい情報も入っており、むーなの「ハリー愛」が詰まっている。
・「短文バージョン」:「長文バージョン」の一部をカットし、今週の見所のみ記載したもの。
・「超・短文バージョン」:「短文バージョン」からさらに補足的な説明を限りなくカットし、
              極力必要最低限の「これだけは紹介してほしい!」という内容を厳選したもの。



●目次
・ハリー、現役時代はチャンスの場面で打席に入るときヒビっていたことを告白。
・ハリー、サッカー日本代表に「技術がないのかね?」とバッサリ。
・ハリー、野球解説者らしい一面を見せる。
・ハリー、川崎や青木には興味がないがイチローには興味がある様子。
・ハリー、珍しく2位の選手にあっぱれを出す。
・宏、最近「喝誘惑」が成功しない。
・ハリー、大相撲のニュースで「身内あっぱれ」を発動。興奮して一気に全部しゃべり、岸井さんの出番を奪う。
・ハリー、危険なマイナーなスポーツには今回も否定的な発言ばかり。
・ハリー、今までお金で何でも解決できると思っていたことを告白。
・ハリー、錦織圭選手を大鵬の姿に重ねる。
・宏、「川崎誘惑」を発動。一方ハリーは「横取りあっぱれ」を発動。


今週のゲストはソフトバンクホークス松田宣浩(まつだのぶひろ)選手でした。


■ハリー、現役時代はチャンスの場面で打席に入るときヒビっていたことを告白。

松田が昨シーズンの最終戦で優勝決定となる一打を放つなどの活躍を見せる中、宏が、
宏「チャンスが来るとビビらないんですか?」
と質問すると、松田は、
松田「チャンスになるとワクワクします。燃えるように熱く行きたいです」
と話していましたか、ハリーは、
ハリー「私はちょっとビビるね。
    彼はファイターだからね。
    球に向かっていく選手は彼ぐらいしかいないんじゃないの?
    だいたい怖いんですよ球は。
    当たると骨折するから。
    ふつうはちょっと逃げながら打つんですけどね。
    彼は逆に向かっていくから。
    珍しいタイプだよね」
と、ゲストの松田を賞賛しつつ、自分はボールに当たると骨折するのが怖くてチャンスの場面で
打席に入るときはヒビっていたと告白していました。

宏が、
宏「どうなるんですか? いつもとどう違っちゃうんですか?」
と、ゲストの松田に質問すると、松田は、
松田「チャンスをモノにしたいという気持ちになります。
ヒーローになりたいと常に思っています」
と、話していました。


■ハリー、サッカー日本代表に「技術がないのかね?」とバッサリ。

サッカーのアジアカップのニュースでは、
日本が19年ぶりに8強で敗退となってしまったニュースに入る前に、
宏「まず、最初はやっぱりサッカーかな?」
中西「お願いします…」
宏「日本はどうしたのかな?」
中西「お願いします…」
というやり取りがあり、宏が中西を脅してからニュースのVTRに入るというシーンもありました。

その後、日本が負けた試合の映像が流れた後、ハリーが、
ハリー「大丈夫かね?
    35本もシュート蹴って入らないというのは…。
    力がないの?
    技術がないのかね?」
と、厳しいコメントをすると、中西も、
中西「必然の負けだと思いますね。
   ここまで4試合連続で同じスタメンでやってしまったというところが大きいですね。
   大会前から過密日程なのはわかってたことなのに、同じメンバーで戦ってしまって、
   延長の後半に長友が足を怪我してしまったにも関わらず、メンバーを代えられなかった。
   選手の疲労のことを考えても23人全員使っていかないとっていう話を、
   僕が先週したんですけどね。
   試合に出ていない選手が大事だと言ってたんですが、
   選手の交代をうまくできなかったことがすごく大きかったですね」
と、話していました。すると、ハリーがさらに、
ハリー「関口さんね、アギーレの問題もあると思うよ。しつこいようだけどね、
    選手はアギーレの八百長疑惑は関係ないと言っているけど、
    全体的にすっきりしないと戦えないよ!」
と、サッカー日本代表の話になると毎回アギーレ批判をしているハリーですが、
今週もアギーレ監督に厳しい様子でした。また、中西も、
中西「張さんのおっしゃる通りで、ワールドカップ以降、
   なんとなく切り替えられてない感覚がありますね。世代交代がうまくできてないと思います。
   結果出してる若い選手が使ってもらえてない状態が続いています」
と、話していました。


■ハリー、野球解説者らしい一面を見せる。

プロ野球野球殿堂入りのニュースでは、元ヤクルトの古田敦也さんの殿堂入りに関してハリーは、
ハリー「当然ですね」
と、話していました。

特別表彰の村山龍平さんが甲子園の前身である「全国中等学校野優勝球大会」を
立ち上げたという話題では、ハリーがかなり詳しい説明を行い、宏がゲストの松田に、
松田「ご存知でしたか?」
と聞き、松田が、
松田「いや、初めて聞きました」
と、答えており、珍しくハリーが野球解説者らしい一面を見せていました。


■ハリー、川崎や青木には興味がないがイチローには興味がある様子。

ヤンキースからマーリンズへの移籍が決定的なイチローについては、
ハリー「移籍先が決まって良かったねぇ。
    マーリンズは良い外野手が3人いますからねぇ…。
    しかもナショナルリーグだからDH無いからねぇ…。
    ピンチヒッターとして出るのかね?
    やっぱり先発で出てもらいたいわねぇ」
と、話していましたが、前回の放送では川崎や青木の移籍先について「関心がない」と
ハリーは言っていましたが、イチローについては興味がある様子でした。

また、松田は、
松田「そうですね、本当にイチローさんのマーリンズのユニフォーム姿をいち早く見たいですね」
と話し、宏に、
宏「イチローのすごいところはどこなんですか?」
と聞かれると、
松田「年とられててもいろいろ準備を怠らないところですね。
   本当にプロ野球選手の鑑です」
と、話していました。

また、イチローの年俸がだいぶ下がることについて、宏が、
宏「張さん、お値段は安かったそうですが」
と聞くと、ハリーは、
ハリー「いや、彼はもうお金の問題じゃないから。
    (一生ならぬ)三生ぐらい食えぐらいお金残ってるから」
と、話していました。


■ハリー、珍しく2位の選手にあっぱれを出す。

女子スノーボードのニュースでは、史上最年少優勝を達成した16歳の鬼塚雅(おにつかみやび)選手に、
ハリーはあっぱれを出し、
ハリー「まだ少女でしょ?
    出てくるねぇ若い人が!」
と、嬉しそうに話していました。

男子スノーボードのニュースでは、
ソチ五輪でも活躍した角野選手が、大技の着地で手をつき減点となってしまい、
あと少しというところで優勝を逃したというニュースに、ハリーは、
ハリー「惜しかったねー。手がつかなかったら良かったのに…」
と話していましたが、宏が、
宏「いいんですか?
  ああいう危険なスポーツはいつもいかんって言ってるじゃないですか」
と「喝誘惑」を行うも、ハリーは喝を出しませんでしたが、
ハリー「とんでもない、私はできませんよ!
    上にあがってグルグル回ったらもう目が回っちゃって、
    私はもう頭から突っ込むか分かんないですよ。
    しかしあんなスポーツ好きな人がいるんだねえ」
と、話していました。

ノルディックスキー複合のニュースでは、2位となった渡部選手に、ハリーは、
ハリー「2番目か、あっぱれあげてよ!
     最初は11位だったんですよ、そっから上がってきたからね。
     がんばりにあっぱれだ!」
と、ふだんは1位じゃないとあっぱれをあげないハリーですが、
珍しく2位なのにあっぱれをあげていました。


■宏、最近「喝誘惑」が成功しない。

また、ラグビーのニュースでは、ヤマハに負けてしまった神戸製鋼について、宏が、
宏「ちょっと神戸製鋼がだらしないですね」
と、さり気なく「喝誘惑」を行うも、ハリーは、
ハリー「ミスが多かったからね。ヤマハはがんばったよ!」
と、神戸製鋼のミスの連発よりもヤマハががんばったことに関心があるようで、喝は出ませんでした。


■ハリー、大相撲のニュースで「身内あっぱれ」を発動。興奮して一気に全部しゃべり、岸井さんの出番を奪う。

大相撲のニュースでは、白鵬が、大鵬を抜き33回目となる史上最多の優勝を達成したことに、
ハリーはあっぱれを出すと、
ハリー「それとね、14日間満員御礼だから、北の富士理事長にもあっぱれあげてください!」
と、サンモニのゲストの常連でもあり、今年最初のサンモニにもゲスト出演していた
北の富士さんにもあっぱれを出すという「身内あっぱれ」を発動していました。ハリーは続けて、
ハリー「彼がしっかり取り組んだおかげで相撲人気が戻ってきましたよ。
    13日のね、横綱戦、日馬富士鶴竜の一番、ものすごい相撲だったね。
    あれを見るとね、ファンはもうたまらないよ。
    良い相撲でした」
と、一気に話し、宏が、
宏「張さんが1人で全部しゃべってしまいました(´Д`)」
と、呆れてしまうというシーンもありました。しかしハリーは、
ハリー「まだしゃべり終わってないよ!
    もう少ししゃべりたいんだけど」
と、懲りてない様子でした。

この間、相撲好きのコメンテーターの岸井さんが
ちょくちょく映っていましたが、ハリーがずっとしゃべっていたため、
岸井さんの出番はありませんでした。

岸井さんは最後のほうで、
岸井「白鵬は、勝ってはいるんですけど土俵際によく落ちてるんですよね。
   そこがちょっと気になりますね」
と、話していました。

また、宏は、
宏「まぁ毎週のことならね、遠藤とかあのへんに喝入れたりしてるんですけどね…」
と、さりげなく「喝誘惑」を発動するも、ハリーは、
ハリー「逸ノ城は負け越しましたけどね、昨日の照ノ富士の一番もすごかったしね、
    おそらく2人とも横綱になるでしょう」
と話すと、宏が、
宏「そうですかぁー?」
と、疑っていましたが、ハリーは、
ハリー「横綱になりますよ、この2人は!」
と断言していました。ちなみに宏は遠藤の話をしていましたが、
ハリーからは逸ノ城と照ノ富士の話しか出ず、遠藤にはもうあまり興味がなさそうでした。


■ハリー、危険なマイナーなスポーツには今回も否定的な発言ばかり。

2週間かけて砂漠の中を進む競技「南米横断ダカールラリー」のニュースでは、
1位の選手が今年で6連覇を達成し、その1位の選手のお父さんが2位に入り、
親子で1位・2位を独占したことについて、ハリーはあっぱれを出すどころか、
ハリー「楽しいのかねぇ?
    以前ね、こういう競技をやってる人にどうしてやるのかと聞いてみたことがあるんですよ。
    …どうやら、楽しいらしいねぇ…」
と、話し、続けて、
ハリー「何が楽しいのかねぇ…。
    砂漠で。喉は渇くし。
    車が好きなんでしょうけどね、車が好きなら平らな道で、
    良い景色で走ったほうがいいと思うんだけどね」
と、危険なマイナーなスポーツには今回も否定的な発言ばかりでした。


■ハリー、今までお金で何でも解決できると思っていたことを告白。

急性骨髄性白血病で、51歳で亡くなった元中日・阪神の大豊さんの訃報では、
昔ハリーが臨時コーチを務めていたエピソードが紹介され、
ハリー「私が1本足打法させたんですよ。
    彼は当初デタラメなバッティングしてたんですよ。
    アドバイスしてね、4人ぐらいホームラン王出ましたけどね、
    この人1人ですわ、試合の途中で電話あってね、ありがとうございましたと。
    教えたほうは胸がグッと来るのよ」
と、懐かしんでいました。

また、
ハリー「関口さん、私は奥さんにお礼を言いたいのよ。
    彼が病院で倒れたときも、会社辞めて、介護して
    最後まで看取ってくれたんですよ」
と話すと、感極まったハリーは、
ハリー「関口さんね。
    金、権力、力で買えないものがあるんだねぇ。
    私はお金でなんでもできると思ってたんだけどねぇ。
    考えを変えましょうよ! 関口さん!」
と、なぜか宏に訴え始めていました。宏が、
宏「なんで私なんですか!」
と、呆れた様子で返答するも、ハリーは、
ハリー「奥さんありがとう! 本当にありがとうございました!」
と、最後まで自分の世界に入っていたご様子でした。


■ハリー、錦織圭選手を大鵬の姿に重ねる。

テニスの全豪オープンのニュースでは、錦織圭選手についてハリーは、
ハリー「相撲の大鵬とよく似てるね。
    相手をよく見てる。やっぱりそれだけ自信があるんだね。
    これからでしょう。この後、強い選手と当たるから」
と、話し、今後強い選手と当たったときに真価が問われるという態度で、
特に大したコメントはありませんでした。


■宏、「川崎誘惑」を発動。一方ハリーは「横取りあっぱれ」を発動。

ソフトバンクホークスの工藤新監督が発表した「通達事項」については、
 ・試合中のガム禁止
 ・ツバ吐き禁止
 ・頭髪はまっ茶っ茶、まっ金金はダメ
 ・ユニフォームからネックレスを出すのも禁止
 ・「できません」「分かりません」「しょうがない」発言禁止
といった、野球には関係ないような学校の校則のような項目について、
同じソフトバンクホークス選手会長を務めるゲストの松田に対して宏が、
宏「いかがですか?」
と、尋ねると、松田は、
松田「これはもうあっぱれだと思います!」
と、話し、喝を期待していた宏は意外そうな様子でしたが、すかさずハリーも、
ハリー「そりゃあっぱれですよ!
    むしろ遅いぐらいですよ!
    ようやく日本男児が出てきたという感じですよ!」
と、松田のあっぱれコメントの途中に我慢できず自分もあっぱれを出すという
「横取りあっぱれ」を発動していました。

また、ハリーは、
ハリー「ただね、NGワードの「分かりません」だけは抜いてください。
    そりゃそうでしょ、分からんときは分かりません、教えてくださいと言うべきですよ」
と、珍しくまともな意見を言っていました。また、
ハリー「それ以外のガムやらツバやら茶髪やらの禁止は当然ですよ!
    見た人が不愉快じゃないですか!
    ツバ吐いたりね、そんなことしたらダメよ!」
と、工藤新監督のガム禁止令には大賛成のご様子でした。

また、宏は、ゲストの松田に、
宏「有名な人でね、ガムやめてもらいたい人がいるんですよ、分かる?」
と、強引に川崎の話に持っていくという「川崎誘惑」を発動していました。
また、松田は、
松田「はい、分かります(笑)」
と、ハリーの川崎嫌いを把握している様子でした。

また、番組の最後にゲストの松田は、
松田「今年どんどんあっぱれ言っていただけるようにがんばります」
と、話していました。

以上、今週のリアルハリー情報でした。