読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喝日記

https://twitter.com/real_harry_info

リアルハリー情報(長文バージョン)(for vol.455)(2015.01.18)

※「vol.455」では、ハリーのコーナーはお休みでした。

今週のリアルハリー情報です(2015.01.18)。

●目次
王貞治さんがゲストのせいか、おとなしめのハリー。
・ハリー、中西に「喝転嫁」と「2連喝誘惑」を発動。
・ハリー、王さんの意見を無視して反対の意見を主張する。
・ゲストの王さんが「喝誘惑潰し」を発動。
・ハリー、「あっぱれ焦らし」を発動。
・ハリー、「川崎誘惑」を発動。
・宏、「喝誘惑取り消し」を発動。
・ハリー、サッカーの内容に触れず、優勝校の出身者を振り返る。
・ハリー、選手の名前を間違えるも、間違えていることにも気付かないまま「人違いあっぱれ」を発動する。
・宏と中西がミニコント風のやりとりを行う。
・ハリーが人情的な一面を見せる一方、宏は的外れなコメントを行う。
・ハリーと宏、小学生卓球少年の張本くんに期待を寄せる。
・王さん、「情けあっぱれ」を発動。
・ハリー、「えこひいきあっぱれ」を発動。
・ハリー、相変わらず危険を伴うマイナースポーツには厳しい。
・ハリー、「横取り喝」を発動。


今週のゲストは、なんと! 王貞治さんでした!


王貞治さんがゲストのせいか、おとなしめのハリー。

王さんが登場すると、すぐに宏が、
宏「ソフトバンクというとね、どうしても松坂のことが気になるんですけど、どうなんですか?」
と、王さんに質問すると、王さんは、
王「彼はやってくれると思います!
  10人中8人は反対なんですけどね。絶対やってくれると思いますよ。
  私は高校時代から彼を見てますからね。
  投手としての精神的な強さを買ってます」
と、周りはあまり松坂を評価していないが自分は期待しているということを話していました。続けて宏が、
宏「工藤監督はどうですか?」
と質問すると、王さんは、
王「前の秋山監督とは違うタイプで。ものすごく言葉も立ちますし。選手たちと話をしてますから。
  実際に先頭に立っていきますからね、今の若い人たちには良いと思いますね」
  研究熱心ですし、若い人たちの悩みを聞ける監督ですね」
と、工藤新監督を評価していました。コーナー冒頭から宏が積極的に質問をしていましたが、
そのわりにはあまり反応が良くないように見えました。
また、ハリーからのコメントも特にありませんでした。
メジャー帰りの松坂の話だったのでハリーの噛みつきを期待していましたが、
ソフトバンクの会長を務めている王さんがゲストだったせいか、
ハリーはおとなしくしているように見えました。


■ハリー、中西に「喝転嫁」と「2連喝誘惑」を発動。

アジアカップのニュースでは、予選で日本代表が2連勝と好調にも関わらず、
本田選手かゴールポストに当たる惜しいシュートが多かったりと、
なかなか得点することができなかったことに対して、ハリーは、
ハリー「これはちょっと喝入れてください! 激励の喝を!」
と、本日最初の喝を入れ、続けて、
ハリー「観ててイライラしたね(怒)」
    14~15本もシュート蹴ったし、入ったと思って手に汗握って観てましたけどね。
    全然点入ってないじゃないですか!
    どうなんですか中西さん!?」
と、中西に「喝誘惑」を発動すると同時に、自分で喝を入れて散々ボロクソにけなした後、
中西にコメントの発言権を転嫁するという「喝転嫁」を発動していました。
この様子にコメンテーターの方々は苦笑していましたが、
しかし中西はハリーの挑発に乗るようなことはなく、
中西「本田選手は良くなってますね。
   3発のシュートもヘディング、右足、右足と、
   得意の左足ではなかったですからね。
   まぁこれからでしょう」
と、冷静にコメントするに留まり、ハリーからの「喝誘惑」には乗りませんでした。

これでは悔しいハリーは、続けて、
ハリー「あとちょっと心配なのは岡崎ですよ! ケガは大丈夫かね?」
と、中西に「喝誘惑」を連続で出すという「2連喝誘惑」を発動していましたが、中西は、
中西「確かに岡崎選手のケガは心配ですけどね、主力の選手が休んでも勝てるチームなってほしいですね」
と、ここでも冷静にコメントし、ハリーからの「2連喝誘惑」を見事にかわしていました。


■ハリー、王さんの意見を無視して反対の意見を主張する。

プロ野球のニュースでは、いろんな選手の自主トレの様子が映像で紹介されていましたが、
ソフトバンクの内川選手の手に大きめのマメができていた映像が流れた直後、
宏に話を振られる前に王さんがいきなり、
王「マメはもっとできないとダメですよね」
と、ハリーの方を向いてコメントし、マメが少ないという意見で、ハリーに同意を求めていた様子でしたが、
ハリーは、
ハリー「今頃マメができちゃダメですよ!
    シーズンオフに僕はバット振ってないからこうなるんですよ!」
と、マメができてるようじゃダメだという、まさかの王さんとは真逆の意見を主張し始めました。
これを聞いた宏は、ハリーの意見を王さんにぶつけ、
宏「王さん、マメができてるようじゃダメですか?」
と質問すると、王さんは、
王「…うーん、いけないっていうわけではないですけどねぇ…」
と、さり気なくハリーの意見を否定すると、続けて、
王「マメがもっとできて、いざシーズンが始まる頃にはきちっと治ってるっていう形が良いですね」
と、ハリーの「マメができてはいけない」という意見を否定し、「シーズンオフの今、
たくさんマメができるほど練習するべきだ」という意見を主張していました。


■ゲストの王さんが「喝誘惑潰し」を発動。

また、ソフトバンクの内川選手が、奇抜な新しいヘアスタイルになっていたことに対し、
ハリーは、王さんに向かって、
ハリー「ワンちゃんのところの選手の内川、スポーツ刈りにしてよ! 短くね!」
と、イチャモンを付けながらハリー自ら「喝誘惑」を発動していましたが、王さんは、
王「あれはね、いずれシーズンが始まればちゃんとした髪型に戻りますよ」
と、さすが王さん、ハリーとは大違いで柔軟な考え方をしていました。宏が、
宏「ちゃんとしてないんですかあの頭は?」
と、宏からも「喝誘惑」を発動するも、王さんは、
王「シーズンオフの気分転換ですからね」
と話すに留まり、王さんはハリーと宏の両方からの「喝誘惑」をかわすという
「喝誘惑潰し」を発動していました。宏が、
宏「ヘアスタイルにうるさいんですよ、張さんは(笑)」
と発言すると、王さんはハリーに対して、
王「シーズンオフのときぐらいちょっと許してやってよ(笑)」
と話していました。いつもであればそれでもけしからん!と怒り出すハリーでしたが、
さすがに王さんの前ではそういう態度をとれなかったようで、ハリーは、
ハリー「王さんはこういう優しい人だからね、私だったら「すぐ髪切りなさい!」というけどね(笑)」
と、王さんを立てる発言をしていました。


■ハリー、「あっぱれ焦らし」を発動。

また、ヤンキースから広島カープに戻る黒田については、宏が、
宏「張さん、黒田には大あっぱれでしたっけ?」
と「あっぱれ誘惑」を発動するも、ハリーは、
ハリー「まだ契約してないからね、契約したら大あっぱれあげますよ」
と、黒田自身が広島に復帰すると明言をしているにも関わらず、
あっぱれを出さないという「あっぱれ焦らし」を発動していました。

また、黒田が十数億のメジャー契約を蹴って4億の広島カープに戻ってきたことについて、ハリーは、
ハリー「私だったら金目当てで残留しますね。
    だいたいケチだから私は。
    あんな大金…黒田はまぁ持ってるでしょうから問題ないでしょうけど…。
    あと、古巣に帰るというこういう気持ちがね、義理堅いというかね、すばらしいですね」
と褒めていました。

また、日本人メジャーリーガーの中では、イチローだけ所属が未確定という現状について、王さんが、
王「イチローは日本では絶対にプレーしないでしょう
  私はそう思いますね。
  彼の野球に対する想いと言いますか、彼は日本に帰って野球やる気持ちはないと思います」
と断言していました。


■ハリー、「川崎誘惑」を発動。

また、宏が話を振っていないにも関わらず、ハリーが急に川崎の話を出し始めるという
「川崎誘惑」を発動すると、王さんが、
王「うちで(ソフトバンクで)いっしょにやろうと誘ってね、
  アメリカでも何度もいっしょに飯も行ったのにね、
  でもやはりアメリカでやりたいんですということでしたよ。
  マイナー契約なんですけどね」
と、発言すると、ハリーも、
ハリー「年俸もソフトバンクのほうが高いんですよ!」
と発言。王さんも、
王「それはもう10倍以上です」
と発言すると、宏が、
宏「それを蹴ってまでアメリカでプレーするのはえらいんじゃないんですか?」
と、「あっぱれ誘惑」を発動するも、ハリーは、
ハリー「いや、おかしいよそれは!」
と、同じようにお金を優先しなかった黒田には「大あっぱれ」なのに、同じ姿勢の川崎には
厳しいコメントを出しており、安定の「川崎嫌い」を見せていました。
この矛盾だらけのハリー様子に、スタジオのメンバーは大爆笑で、
中西もゲラゲラ笑っていました。ハリーはさらに続けて、
ハリー「理解ができないよ!
    だって九州男児で、余生は鹿児島で暮らしたいという彼の念願があるんですよ。
    あとね、奥さんも日本に帰りたいという情報も得てるんですよ!」
と、「ホントかよ! どんな情報網だよ!」と思わせる発言をすると、宏は、
宏「何の情報ですか…(苦笑)」
と、呆れた様子を見せていました。しかしハリーは、
ハリー「それなのに…なんでアメリカを選ぶのか…分からない…」
と発言していました。

最後に宏が、
宏「でもまぁ本人は向こうでやってたいってことですね!」
と締めると、王さんは、
王「はい!」
と発言し、すっきり気持ちが切り替わっている一方、ハリーは往生際が悪く、首を振る様子を見せ、
最後まで納得していない表情を見せていました。
王さんとハリーの器の大きさの差が分かるシーンでした。


■宏、「喝誘惑取り消し」を発動。

テニスのニュースでは、錦織圭選手が試合で空振りを連発してしまった映像が流れていましたが、
ハリー「いやーあんなことってあるのかねぇ…わざとやってるように見えるけどね」
と、大変失礼な発言をしていました。一方、王さんは、
王「私は太陽の光の具合のせいだったと思いたいですね。
  映像では影が真下でしたから、見にくかったんだろうと思いますね」
と、冷静な解説をしており、王さんとハリーの格の違いを垣間見ることができました。
すると宏は、
宏「じゃあいいですね、喝じゃないですね」
と、王さんの意見に圧倒されて、「喝誘惑」の取り消しを行うという「喝誘惑取り消し」を
発動していました。王さんは、
王「本番ね、がんばりますよ」
とコメントし、宏が、
宏「調整だと思いましょう」
と締めて、テニスの話題を終えていました。


■ハリー、サッカーの内容に触れず、優勝校の出身者を振り返る。

高校サッカーのニュースでは、創部48年目で初優勝した石川県の星稜高校に、
ハリーはあっぱれを出し、
ハリー「野球では元巨人の松井、サッカーでは本田の母校ですもんね」
と称賛していました。


■ハリー、選手の名前を間違えるも、間違えていることにも気付かないまま「人違いあっぱれ」を発動する。

女子サッカーのニュースでは、試合中に顔にケガをしてしまうも、最後まで活躍した
ゴールキーパーの木付(きつき)選手に、ハリーはあっぱれを出していましたが、
ハリー「あっぱれだ! 優勝したチームと、キーパーの木村くんに!」
と、木付(きつき)選手の名前を「木村」と読み間違えながらあっぱれを
出すという「人違いあっぱれ」を発動していました。
宏からのツッコミもなく、コーナー内では最後まで訂正がありませんでした。

また、木付(きつき)選手の顔の傷が気になるハリーは、
ハリー「あの顔の傷…お嫁さんに行くときにとか大丈夫かね?」
という「ブレコメント」をすると、宏や王さんに「治るでしょw」とツッコまれていました。


■宏と中西がミニコント風のやりとりを行う。

高校女子バレーのニュースでは、金蘭会が「インターハイ」「国体」「日本高校選手権」で優勝し、
3冠となったニュースに、ハリーはあっぱれを出していました。
1年エースで、ナイジェリアのハーフでもある宮部藍梨(みやべあいり)選手について、
バレーのニュースなのになぜか中西が、
中西「滞空時間がもう少しあると、よりバリエーションが持てると思うので
    そういうところも鍛えられれば良いんですけどね」
と、割り込みコメントを出していましたが、宏が、
宏「空中でホバリング(空中浮揚)しろと」
と、ボケ、中西に、
中西「「いや、ホバリングじゃないですけど…」
と、冷静にツッコまれるというシーンもありました。


■ハリーが人情的な一面を見せる一方、宏は的外れなコメントを行う。

女子卓球のニュースでは、共に14才の平野美宇(ひらの みう)選手と、
伊藤美誠(いとう みま)選手の「みうみま」コンビが、今回はシングルスで戦い、
負けた平野美宇選手が悔し泣きしてしまったという映像に、ハリーは、
ハリー「やりにくかったねぇ、いつも二人でダブルスでやるんでしょ?
    仲の良い二人が、敵味方。スポーツのちょっと皮肉なところだね」
と、ハリーにしては珍しく負けた選手にも気遣うという人情的なシーンもありました。

また、全日本卓球選手権のトーナメント表を見た宏は、
宏「名前がね、「美誠(みま)」「美宇(みう)」「美優(みゆ)」「美咲(みさき)」「優香(ゆうか)」
  …なんか今の時代を表してるなっていう感じするなぁ」
と話していましたが、そこまで言うほどの変わった名前もキラキラネームもなく、
的外れなコメントをしていました。


■ハリーと宏、小学生卓球少年の張本くんに期待を寄せる。

卓球ジュニア男子のニュースでは、小学生としては初のベスト8という快挙を達成した選手が、
雄叫びをあげながらとても元気にプレーしている映像が紹介されていましたが、
その選手の名前がハリーと同じく「張本」ということが紹介されると、宏が、
宏「張本くんですよ!(笑)」
とはしゃぎだし、ハリーも、
ハリー「良い名前だね(笑)
    どんどん強くなるよ(笑)」
    元気が良いねー! 何年か前の私を見ているみたいだ(笑)」
と、自分と名前が同じだという理由だけで褒め称え、うれしそうに話していました。宏も、
宏「将来が楽しみですね(笑)」
と、うれしそうでした。


■王さん、「情けあっぱれ」を発動。

女子駅伝のニュースでは、1位~4位のチームが全部1秒差で4チームの差が3秒差という
大接戦だったことについて、ハリーと王さんはあっぱれを出していましたが、王さんは、
王「負けたほうにあっぱれです。
  1位の人も当然すごいですけど、2位以下のチームもがんばりましたもん!」
と、優勝したチーム以外にも情けであっぱれを出すという「情けあっぱれ」を発動していました。
ふだんハリーは1位だとあっぱれを出し、どんなにがんばっても2位以下の場合は、
かたくなにあっぱれを出しませんが、王さんは逆に2位のチームにあっぱれを出すという
ハリーと真逆な大人の対応をしており、ここでもハリーと王さんの格の違いを垣間見ることができました。


■ハリー、「えこひいきあっぱれ」を発動。

男子バスケットボールのニュースでは、日立が広島を破り、創部15年目で初優勝を果たしたニュースでは、
ハリーと王さんは揃ってあっぱれを出していましたが、ハリーは、
ハリー「負けた広島にもあっぱれあげてよ!」
と、いつもは負けたチームや選手にはあっぱれ出さない主義のハリーが珍しくあっぱれを出したため、宏が、
宏「負けて広島にもあっぱれ出すなんて…えこひいきじゃないですか?」
と聞くと、ハリーは、
ハリー「えこひいきですよ! えこひいきですよ!」
と、なぜか2回言い、開き直った様子でえこひいきであっぱれを出すという「えこひいきあっぱれ」を
出していました。

また、日立と広島にそれぞれ兄弟の選手がいることについて、ハリーは、
ハリー「双子がなんで遠いところに分かれたのかな?
    東京や茨木、京都、大阪なら分かるよ?
    やっぱり考え方が違うのかねぇ」
と、不思議そうな様子を見せていましたが、宏が、
宏「まぁ…就職先が違ってたということなんでしょうね」
と、極めて真っ当な意見を言うと、自分の安易な考えに恥を覚えたのか、
ハリー「細かいことが気になるから私は!」
と強がっていました。これに対して宏は慣れたように、
宏「はいはい、分かりました」
と、軽くあしらっていました。


■ハリー、相変わらず危険を伴うマイナースポーツには厳しい。

「ナチュラル・リュージュ」という、ソリ滑りのような珍しいスポーツが紹介されていましたが、
この種目に日本人が参加していないということも紹介され、ハリーが、
ハリー「こういうの観るといつも思うんだけど…なんであんな競技やるのかね? 危ないし骨折するし。
    日本人が参加していない理由も分かりますよ! やらさないよ日本だったら!
    親がやらさないですよ! 私でもやらさない!
    他のスポーツやりなさいと言いたいですね。
    まったく…冒険する人が多いんだねぇ…」
と、相変わらず危険を伴うマイナースポーツには厳しい態度でした。


■ハリー、「横取り喝」を発動。

ゴルフのニュースでは、ハワイで行われたアメリカ男子ソニーオープンの試合で、
日本の主力選手がたくさん予選落ちしているという現状に、宏がゲストの王さんに、
宏「これ…喝じゃないですか?」
と「喝誘惑」を発動していましたが、王さんよりも先にハリーが喝を出すという「横取り喝」を
発動していました。

また、日本の主力選手がたくさん予選落ちしている理由として、なぜか中西が、
中西「今の時期ってシーズンオフの真ん中なのて、調子作るの難しい時期なんですよねー」
と説明し、王さんが
王「そうだったんですね、すみません」
と、大人の対応をして謝っていましたが、ハリーは、
ハリー「言い訳はできませんよ!」
と発言し、
中西「申し訳ありません(笑)」
ハリー「これは言い訳はできません(笑)」
中西「出た以上は、そうですよね(笑)」
と、中西がハリーに押されて負けてしまうというシーンもありました。

以上、今週のリアルハリー情報でした。