読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喝日記

https://twitter.com/real_harry_info

リアルハリー情報(長文バージョン)(for vol.453)(2015.01.04)

※「vol.453」では、ハリーのコーナーはお休みでした。

今週のリアルハリー情報です(2015.01.04)。

●目次
・ハリーだけでなく、北の富士も遠藤に対して厳しい。
・注目の神野選手の話題になるも、駅伝に関する話は一切無し。
・ハリー、女子サッカーで「あっぱれ」を出すも試合内容には触れず余計な心配だけして終わる。
・ハリー、海外サッカーのニュースで宏の今年初となる「喝誘惑」に見事に反応して今年初の「喝」を出す。
・ハリー、高橋大輔選手と橋本聖子の間で起こったキス問題についてさり気なく言及するという
 「ブラックハリー」の一面を見せる。
・ハリー、上原が嫉妬していた爽やかフェイスのラグビー・橋本選手には嫉妬せず。
・ハリー、ついに馬にも「あっぱれ」を出す。
・宏、ハリーやゲストだけでなく、コメンテーターの方にも「喝誘惑」や「あっぱれ誘惑」を発動。
 また、ハリーやゲストが「あっぱれ」を出していないのも関わらず、宏が、勝手に「あっぱれ」と
 判断するという「勝手あっぱれ(別名「エアあっぱれ」)を発動。


今週のゲストはお相撲の北の富士さんでした。
2014.08.03以来、5ヶ月ぶりの登場でした。


■ハリーだけでなく、北の富士も遠藤に対して厳しい。

御意見番のコーナーではいつもハリーとゲストが登場した直後にCMに入るのですが、
今回はサンモニがお正月SPだったこともあり、CMを挟まずにすぐ御意見番のコーナーが始まりました。

2015年最初の放送だったせいか、ハリーのご機嫌を良くするために、
ゲストにハリーの好きなお相撲に関係のある北の富士さんを迎え、
大相撲のニュースからスタートしました。

ハリーと北の富士は、今年注目のお相撲さんとして、旭天鵬(きょくてんほう)と逸ノ城と遠藤を
挙げていましたが、遠藤については、
北の富士「馬力がない」
ハリー「立ち上がりのあたりが弱い」
と、厳しい評価をしていました。また、ハリーが遠藤に期待しており、
ハリー「10番は勝ってくれないと!」
と発言するも、北の富士は、
北の富士「10番は難しいでしょう。10番は難しいでしょう」
と、「大事なことなので2回言いました」といわんばかりに遠藤のことをばっさり斬っていました。

また、逸ノ城についても、北の富士が、
北の富士「立ち合いの変化が癖になってますよね」
と指摘し、
宏「なんでしょうかね? それはまだ若さかな?」
北の富士「まぁまだ若いですからね」
という会話がされていましたが、ハリーからは、
ハリー「今頃あんな20歳ぐらいの子が「疲れた」だの「食い過ぎた」だの言ってたらダメですよ!
    どんどん稽古していかないと!」
と厳しいコメントが出ていました。スタジオのメンバーは苦笑していましたが、ハリーが北の富士に、
ハリー「どうかねこれ?」
と急に話を振り、北の富士も苦笑しながら、
北の富士「…まぁ…部屋によって育て方が違いますからねぇ…(苦笑)」
と困った様子でしたが、さらにハリーが、
ハリー「俺らは期待してるからね!(キリッ」
とコメントして次の話題に移りました。

また、白鵬が大活躍している現状について、
鶴竜日馬富士の両横綱白鵬と相性が悪いことについて、北の富士が、
北の富士日馬富士はケガが多いですよね」
     白鵬はケガをしない。まぁどっかケガはしてるだろうけど、
     大きなケガはしないんですよね。内臓が強いんだと思います」
とコメントし、宏が、
宏「北の富士さんが全盛期に白鵬とぶつかったら勝てる?」
と質問すると、北の富士は、
北の富士「ダメです。勝てないですよ」
と答えていましたが、ハリーが、
ハリー「いや、謙遜してるんですよ!
    彼は早かったですから、相撲が。
    顔も男前だし」
と、適当にコメントして北の富士をフォローしていました。

また、照ノ富士(てるのふじ)について、逸ノ城と同じぐらいの素質を持っているという話になり、
北の富士が、
北の富士「逸ノ城と照ノ富士、この二人が大関になって横綱目指すんじゃないですかね!」
と話すと、宏が、
宏「遠藤も入れてくださいよ(笑)」
と、ツッコミを入れるも、北の富士は、
北の富士「遠藤はちょっと遅れて、大関ぐらいならいけるだろうという気はしますけどね(笑)」
と話し、遠藤には厳しい様子を見せていました。


■注目の神野選手の話題になるも、駅伝に関する話は一切無し。

駅伝のニュースでは、トヨタ自動車が4年ぶり2度目の優勝を果たし、
今年初となる「あっぱれ」が出ていました(ハリーも北の富士も出していた)。

箱根駅伝のニュースでは、青山学院大学が初の総合優勝を果たし、
これまたハリーも北の富士もあっぱれを出していました。このニュースについてハリーは、
ハリー「廃部の危機もあったのにねぇ。うれしいねぇ!
    しかも10人中8人は3年生以下だからね。これからも期待できますね」
と話していました。

また、青山学院大学の神野(かみの)選手が5区で新記録のタイムを出し、
「山の神」として有名な柏原選手の記録を抜いたことについては、宏が、
宏「また箱根に神が出ましたよ」
と話すと、ハリーは、
ハリー「神野のおばあちゃんはが相撲好きだからね!」
と、駅伝にまったく関係のない話を始めると、北の富士も、
北の富士「神野のおばあちゃんがね、名古屋場所に毎日観戦に来ているんですよ!」
と話し出し、神野選手に関する話は結局この話だけで駅伝に関する話題は
まったく出ずに次の話題に移ってしまいました。


■ハリー、女子サッカーで「あっぱれ」を出すも試合内容には触れず余計な心配だけして終わる。

女子サッカーの話題では、「日テレ・ベレーザ」が5年ぶり11回目の優勝を果たしましたが、
ハリーは「あっぱれ」を出すも、
ハリー「あのヘディング大丈夫かね?
    お嫁さん行くときにおでこに傷が付かないかね?
    余計な心配をしているんだけども(笑)」
と、サッカーの試合とはまったく関係のない話をし、宏が、
宏「今の時代は大丈夫です! 女性も強いんです!」
とフォローして話が終わるというシーンもありました。


■ハリー、海外サッカーのニュースで宏の今年初となる「喝誘惑」に見事に反応して今年初の「喝」を出す。

海外サッカーの話題では、DFがヘディングでキーパーにボールを戻そうとするも、
ボールが高く上がってしまい、そのままオウンゴールになってしまったという映像が
紹介されると、宏は、
宏「あら! 見事なヘディングですねー(笑)」
と、今年最初の「喝誘惑」を発動すると、ハリーは、
ハリー「もう断然、喝です。文句なしの喝です」
と、見事に宏とサンモニスタッフの「喝期待」に応え、今年最初の「喝」が出ていました。ハリーは続けて、
ハリー「どこにヘディングしてるの? キーパーが目の前におるというのに!」
と、話していましたが、宏が、
宏「一瞬、自分のゴールと相手のゴールを間違えるときあるんですかね?」
と話すろ、ハリーは、
ハリー「間違っちゃダメでしょ!」
    距離を間違ったらスポーツにならないよ!」
と、お怒りのご様子でした。

また、この自陣と相手陣を間違えるというニュースから宏が、
宏「お相撲さんっていうのは必ず自分の出たところへ戻らないといけないの? 迷うことないの?」
と質問すると、北の富士は、
北の富士「あります、ありますよ。
     あんまり勝負が目まぐるしくなったりとか転んで頭を打ったりとかすると、
     自分の帰るところが分からなくなりますよ。
     そういうときは審判を見るんです。審判を目指して帰るんです。
     あの審判はあそこに座ってたなぁって思い出すんです」
と、話し、これについてハリーは、
ハリー「逆の方向に帰るような嫌な審判がいたら嫌だねぇ」
とひねくれたことを話していました。


■ハリー、高橋大輔選手と橋本聖子の間で起こったキス問題についてさり気なく言及するという
 「ブラックハリー」の一面を見せる。

女子スピードスケート全日本スプリント選手権の話題では、
小平(こだいら)選手が、参加した4つのレースすべてで大会新記録を出し、
4連覇を果たしたニュースについて、ハリーは、
ハリー「大(だい)あっぱれだ!」
と、上級あっぱれとなる「大あっぱれ」を出して称賛していましたが、歴代の連覇達成者の話になり、
9連覇を達成した橋本聖子の話題になると、ハリーは、
ハリー「この人は最近ちょっとややこしいことがあったけどね…(笑)」
宏「なんかあったんですか?(笑)」
ハリー「なんかあったような気がするけども」
    終わってから詳しく話しますよ(笑)」
宏「嫌なこと知ってるんですよこの人は(笑)」
と、高橋大輔選手と橋本聖子の間で起こったキス問題についてさり気なく言及し、
ハリーのブラックな一面である「ブラックハリー」を観ることができました。

また、小平さんの4連覇について、宏が
宏「まぁ…9連覇の橋本さんには届かないかな…」
と、失礼な発言もしていました。


■ハリー、上原が嫉妬していた爽やかフェイスのラグビー・橋本選手には嫉妬せず。

アメリカンフットボール日本選手権のニュースでは、
先週ゲストの上原が爽やかフェイスを嫉妬していた橋本選手のチームが負けてしまったというニュース
が紹介されていました。ハリーは勝利した富士通に「あっぱれ」を出していましたが、橋本選手については、
ハリー「速いしねぇ、体力もあるしねぇ」
と褒めており、上原のほうに嫉妬するということはありませんでした。


■ハリー、ついに馬にも「あっぱれ」を出す。

競馬の有馬記念のニュースで、
引退を表明しているジェンティルドンナという馬が優勝したニュースを受けて、ハリーは、
ハリー「馬にあっぱれやってもいいのかな?」
と話すと、宏が、
宏「馬にも「あっぱれ」あげてくださいよ!」
と話し、ついにハリーが、スポーツ選手だけでなく、動物にも「喝」や「あっぱれ」を出しました!

また、優勝したジェンティルドンナ以外にも、大魔神佐々木の馬も引退するということについては、
宏「みんなポンポン辞めちゃうね」
ハリー「まぁ稼いだからね(笑)」
宏「次は種馬で稼ごうとするわけね(笑)」
という会話が繰り広げられていました。


■宏、ハリーやゲストだけでなく、コメンテーターの方にも「喝誘惑」や「あっぱれ誘惑」を発動。
 また、ハリーやゲストが「あっぱれ」を出していないのも関わらず、宏が、勝手に「あっぱれ」と
 判断するという「勝手あっぱれ(別名「エアあっぱれ」)を発動。

ボクシングのニュースでは、ハリーは、勝った選手全員に「あっぱれ」を出していました。

女性のコメンテーターの方が井岡選手のボクシングの試合を観に行ったという話題になると、
宏が、手で目を隠すような仕草をして、
宏「こうならなかったんですか?」
と質問するも、そのコメンテーターの方は
コメンテーター「ならなかったです(笑)」
と話していました。

天笠選手が、惜しくも負けてしまったニュースでは、ハリーは、
ハリー「負けたけどケガ大丈夫かね?」
と話すだけにとどまっていましたが、何を勘違いしたのか宏が、
宏「今、あっぱれっておっしゃいました?」
と、勝手にハリーやゲストが「あっぱれ」を出したことにするという「勝手あっぱれ(別名「エアあっぱれ」)
を発動していました。

また、宏はボクシング好きのコメンテーターの方に、
宏「あっぱれ上げないんですか?」
と「あっぱれ誘惑」を発動すると、そのコメンテーターの方が
コメンテーター「…じゃああっぱれ!」
と「あっぱれ」を出していましたが、これについてスタジオの誰かが「無理矢理だなぁ(笑)」と
発言していました。
宏はついに、ハリーやゲストの方だけでなく、コメンテーターの方にも「喝誘惑」や「あっぱれ誘惑」を
発動するようになってしまったようです。

また、北の富士は、
北の富士「ボクシングは好きで良く観るけどねぇ…相撲取りにはもう1回なってもいいけど、
     ボクサーだけはなりたくないですねぇ。
     ひっぱたかれてねぇ、口が痛くなって飯は食えなくなるしねぇ…。
     しかも減量との戦いでしょう?」
と話し、宏が、
宏「最近は相撲でも張り手がすごいじゃないですか」
と話すも、北の富士は、
北の富士「いやー、でもボクシングと比べるとねぇ……大変ですよ、ボクサーは」
と話していました。

以上、今週のリアルハリー情報でした。