読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喝日記

https://twitter.com/real_harry_info

リアルハリー情報(採用)(vol.433-3)

■むーな

今回のゲストは、元阪急ブレーブス山田久志さんでした。

前回、前々回とコーナー冒頭のほうではおとなしかったハリーですが、
なんと今回スタジオにいませんでした!
被災地訪問として岩手で野球教室を開催しているらしく、
当日はスタジオには不在ということでした。
しかしそこはハリー、なんと「バーチャル出演」という形で出演していました!!
岩手のスタジオなどを利用して映像と声を合成しているらしく、
本当にスタジオにいるみたいで、最近のテレビの技術ってすごいと感心するとともに、
ここまでしてまでハリーを生放送番組に出す必要が
本当にあるのだろうかと疑問に感じてしまいました。
この、エアーバンドならぬエアーハリー(エアー張本)は、いつものご本人よりも顔が、
つやつやてかてかしていて元気そうに見えました。

前々回の放送では、相撲の話から始まり話についていけないハリーは無言を貫いていましたが、
今回はプロ野球のニュースから始まったこともあり、冒頭から元気なハリーは、
西武の高卒ルーキーの森くんが、新人の選手としては46年ぶりとなる3試合連続ホームランを
放ったニュースに対して、ハリーは、
ハリー「いやーすごいキャッチャーが出てきたね。関口さん、私ね、一番期待しとるんですよ!
    打てるキャッチャーは今まであんまりいなかったからね。
    これはすごい選手になると思いますよ」
と、大絶賛!ハリーが森くんをあまりにも褒めていたせいか、司会の関口宏さんが、
宏「あっぱれあげますか?」
と、ど直球な 「あっぱれ誘惑」に対しても、ハリーは、
ハリー「まだまだ! あっぱれはまだ早いよ!」
と、「そう簡単にはあっぱれあげないよ!」という姿勢でしたが、
直後にゲストの山田久志さんが、
久志「いや、張さん、あっぱれあげてくださいよ!」と言うと、ハリーは、
ハリー「あー…じゃあ、あっぱれあげようか!」

また、ハリーがメジャーリーグと同じぐらい大嫌いなサッカーについても、
番組内で日本代表のアギーレ新監督を大々的に紹介していましたが、その直後にハリーは、
ハリー「大騒ぎするようなことじゃないと思いますよ」
と発言し、司会の宏が、
宏「余計なことは言わないでいいから!」
と、ハリーの暴走にストップをかけたにも関わらず、ハリーは続けざまに、
ハリー「まだ采配は振ってないからね、これからお手並み拝見ですよ。
    この監督、感情的だというから日本の選手に合わないんじゃないの?」

しかし、メジャーリーグとサッカーのニュースで暴走したハリーは、
この時点でもうお疲れのご様子で、
ビーサイリスナーもお待ちかねの川崎のニュースでは、打率を.275まで落としてしまった
川崎に対してハリーは、
ハリー「そうだねぇ…今ねぇ、この時期は一番体力的に苦しいからねぇ…」
と、川崎が打率を一気に落として、絶好の「喝チャンス」であるにも関わらず、
いつものような激しい攻撃はありませんでした。

また、マリナーズの岩隈の安定っぷりにゲストの山田久志さんがあっぱれを
与えて褒めていましたが、すでに力尽きている様子のハリーは、
岩隈にはあっぱれどころか一言のコメントすらありませんでした。


■ガリガリウメ

メジャーリーグコーナーで、2アウトランナー1、3塁で、1塁ランナーが盗塁、キャッチャーが2塁へ送球、
ランナーが挟まれてショートがファーストへ送球して、
3塁ランナーを飛び出したのを見たファーストはサードへ送球、
サードランナーがホームに入り、サードがキャッチャーに送球したものの、
3塁ランナーのヘルメットに当たり暴投となり、
それを見た1塁ランナーが一気に3塁へ、
ピッチャーが3塁にカバーに入ったものの、ピッチャーも暴投、
それを見た1塁ランナーもホームに還ってくる、
カバーに入ってるピッチャーがまたキャッチミスして、結局1塁ランナーまでホームに生還したというプレーに、
ハリーと久志は揃って喝を入れ、久志が、
久志「日本のプロ野球はキャンプとかでこういうプレーを見越していっぱい練習するんですけどね。
   メジャーではキャンプではこういうのを一切やらないんですよ。
   3Aとかではやるんですけど、メジャーリーガーはできるだろうということでやらないんですよ」
とコメントすると、ハリーは相槌を入れるだけでした。
それに満足した関口さんは、ハリーには一切コメントを振らず、次のVTRを振りました。